在宅ワークの急増で導入が増えている!電子契約の豆知識と基本情報を紹介します!

在宅ワークが増えてきたために、電子契約を導入している会社や個人事業主さんが増えてきています。
そもそもどんなシステムなのかというと、契約書をデーター化してオンラインで行う契約のことをいいます。
これまでは契約書に印鑑を押していたと思いますが、現在は署名システムを使用することにより、印鑑が無くても使用できるようになっています。
そんな契約に関する豆知識を紹介していきます。
是非、今後の取引の参考にされてみて下さい。

在宅ワークの急増で導入が増えている!電子契約の豆知識と基本情報を紹介します!

豆知識として電子契約には大きく分けて2種類あり、契約をオンラインで締結させるものと、対面で署名するものと二つあります。
まずは電子契約書を送り、オンライン上で相手の合意を得ることで本人認証を行うことでセキュリティーを備えることにより、改ざんを防いだものとなります。
印鑑が無くてもタイムスタンプというものがあるので、具体鉄器に契約書が作成された時刻や、最後に更新された記録も残っています。
改ざんデータも記録に残るので、安心して使用することができるのです。

電子契約サービスを提供するサイトや企業が増えている実情について

近年、企業において電子契約サービスのニーズが高まっていることを実感している人も多いのではないでしょうか。
電子契約サービスは契約に必要な事務作業をしやすくしたり、契約内容の改ざんを避けたりすることが出来るとして注目を集めているシステムです。
このような電子契約サービスが増えている背景にはテレワークの必要性が高まっていることが挙げられます。
契約手続きを紙でしなくてはならない場合、出社の必要が出てくることも少なくありません。
しかしwebで契約手続きをすることのできる電子契約サービスを利用すれば、離れた場所にいながらも契約の手続きをすることが可能です。
書面で手続きをする場合には、原本と写しの作成が必要となります。
その上、押印して郵送し、さらに取引先においても押印や返送をするなど様々な作業をおこない契約を締結しなければなりません。
その点電子契約ではデータでやり取りできるので煩雑な事務処理が不要になるのがメリットです。

電子契約サービスを導入する際の注意点について

電子契約サービスを導入する場合の注意点は、大きく分けて3つあります。
1つ目は相手の合意が必要になることです。
自社で電子契約の導入が実現したとしても、取引先も同じサービスを利用しているとは限りません。
特に当事者署名型の場合は、相手方にも自社と同じサービスを利用してもらわなければいけないので注意が必要です。
取引先に手間と負担を強いることになるため、丁寧に説明して理解を促すようにしましょう。
取引先が応じない場合は、紙の契約書を利用してください。
2つ目は電子契約が認められていない契約書があることです。
一部の契約では、書面で契約を締結するよう法律で定められているものもあります。
よって、電子契約が認められているかどうか、事前に自社が取り扱うものを確認しておくことが欠かせません。
3つ目はテンプレートを変更する必要があることです。
紙と電子媒体では表記が異なるため、テンプレートに記述している文章を変更しなければいけない可能性もあります。

電子契約サービスの導入における具体的注意点①導入コストや価格・機能面

電子契約サービスを導入する際の注意点として1番に挙げられるのは、導入や運用にコストがかかってしまう可能性があることです。
電子契約を導入する場合は月額1万円から10万円程度の基本料金に加えて、1つの契約が締結するごとに100円から200円程度の従量課金が必要になります。
また、サービスや利用する機能によっては初期費用のほか、オプションの費用もかかるでしょう。
契約の数が多いほど費用もかさむため、注意が必要です。
さらに、電子契約サービスではセキュリティ対策の内容によっても運用コストに差が生じます。
セキュリティに重きを置くと運用にかかるコストも増加してしまうので、自社がサービスを利用する目的に合ったものを選ぶようにしましょう。
機能面の注意点だと言えるのは、電子契約が認められていない契約があることです。
一部の契約書では、書面を用いた契約が必須だと法律で義務付けられています。
自社が締結する契約の中で、書面を用いらなければいけないものの有無を事前に確認しておきましょう。

電子契約サービスの導入における具体的注意点②法的な本人性担保のガバナンスを重視

電子契約において本人性担保におけるガバナンスを重視する場合は、契約双方が電子契約システムに入った手続きをすることが肝要です。
システムにログインするということはパスワードを求められるため、本人以外がアクセスすることは容易では無いという観点から信頼性が担保されるためです。
アクセスした双方が契約書にサインしておけば、そのシステムの信頼性自体が損なわれない限りにおいては正確な契約を締結できるでしょう。
他方デメリットとしては双方が電子契約システムにアクセスするためには、双方がシステム費用を負担することになります。
このため重要な契約を継続的に行う場合は、非常に有効と言えるのです。
一方で賃貸契約や不動産関連契約については、現状書面での契約でしか行いえないため今後の法改正が待たれるところです。
業務委託契約や保証契約などはシステム決裁で可能であるため、社内決済システムとの相性も併せて検討するとより効率的になります。

電子契約に関する情報サイト
電子契約の活用方法

在宅ワークが増えてきたために、電子契約を導入している会社や個人事業主さんが増えてきています。そもそもどんなシステムなのかというと、契約書をデーター化してオンラインで行う契約のことをいいます。これまでは契約書に印鑑を押していたと思いますが、現在は署名システムを使用することにより、印鑑が無くても使用できるようになっています。そんな契約に関する豆知識を紹介していきます。是非、今後の取引の参考にされてみて下さい。

Search